データ復旧ナビ HOME

症状別で業者を探す

電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。

電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。

「電源が勝手に切れる」「再起動を何度も繰り返す」などの症状のほか、「パソコンから煙が出てきた」といった致命的とも思える症状。こういった故障の原因と、起こってしまった場合どうするべきなのかを解説します。

緊急事態!突然のトラブルにどう対応すべき?

パソコンでの作業中に起こる突然の故障。それぞれの原因と対処法を紹介します。

突然電源が切れてしまう

電源が落ちるイメージ画像

落雷や停電など外部からの影響を除けば、原因は大きく二つに分けられます。

熱暴走

パソコンは電気によって作動するので、通常でも30度~50度近い熱を発しています。熱暴走が起こると、室温や排気不足などによってパソコン内部の温度が上昇し、パーツを守るための防護措置として、勝手に電源が切れてしまいます。

<対処法>
冷却ファンのほこりを除去したり、部屋の温度を下げることで改善される場合があります。そもそも冷却ファンが回らなくなった、冷房器具が無くやむを得ない場合は、部品の交換や増設によって対応することができます。

電力不足

文字通りパソコンを動かすための電力が足りなくなり、電源が切れてしまうことを指します。

<原因>
種類によって異なりますが、パソコンの電源装置には、供給できる電力の限界があります。それを上回ってしまうことで十分な電力が供給されなくなり、電源が切れてしまうのです。また、動画編集やパソコンゲームなど、大きな負荷がかかる作業をしたり、携帯の充電器や、小型扇風機などの周辺機器を増やすことでも消費電力が上がってしまうので、注意が必要です。
<対処法>
余計な負荷を避けるために、使っていないアプリケーションを終了したり、電源装置をより出力の高いものに交換することで解決できることがあります。しかし、全体の消費電力を十分支えられ、パソコン本体のケースに合ったものを選ぶには専門的な知識が必要になるので、無理せず専門業者に相談するのが復旧への近道となります。

勝手に再起動してしまう。再起動を繰り返してしまう。

再起動を繰りかえす参考例

普通にパソコンを使っていただけなのに、突然画面が暗くなって、再起動を始めてしまうということがあります。こちらは、原因の特定が難しく、数多くあるパソコントラブルの中でもかなりやっかいなものと言えます。症状が「再起動してしまう」だけなので、不良箇所の判断材料が少なすぎるからです。しかし、多くの症例は以下の様なものが原因であるといわれています。

<原因>
毎回同じ場面、同じタイミングで再起動がかかるとなれば、何かしらの読み込みに不具合が発生しているということなので、ハードディスクのシステムデータなど論理的な原因である可能性が高くなります。そうでないのであれば、ハードディスクに物理的な障害があり、それが原因となってしまっている場合がほとんどです。
<対処法>
ハードディスクは非常に精密な機器となっているので、専門的な知識が無ければ対応することは極めて難しいと言えます。当サイトでも紹介しているハードディスク専門業者に問い合わせてみることをおすすめします。

パソコンから煙が出てくる

煙が出る参考例

近代の技術の発達により、最新の機種ではほとんど聞かなくなったトラブルです。しかし、電子機器である以上、引き起こされる可能性が無いとは言い切れません。

<原因>
各部への度を過ぎたほこりの溜まりすぎや、不良品にあたってしまった場合などに起こる可能性があります。発火してしまい、パーツが物理的に破損してしまうと復旧は難しいので、予防策として、定期的にほこりをOA機器用エアダスターを使って飛ばすといったメンテナンスが有効です。
<対処法>
もし起こってしまった場合は、すぐさま電源コードを抜き、メーカーか修理業者に問い合わせましょう。火災に繋がってしまう可能性もあるので、迅速な対応が必要です。

故障によって引き起こされる弊害と修理代金

上記で紹介したようなトラブルは、パソコンのパーツに大きな負荷がかかってしまい、寿命を縮めることになってしまいます。

精密なパーツで構成されるパソコンの中でも特に注意すべきものとしては、ハードディスクが挙げられます。
それ以外のパーツはパソコンを動かす為に必要であるだけのパーツであり、交換や修理によって比較的簡単に対応が可能です。

しかし、ハードディスクはパソコンのデータが全て保存されているので、交換してもデータは帰ってこないのです。
大切なデータを守るためにも、早めに専門業者に相談することを強くおすすめします。

多くの専門業者は完全成果報酬制となっており、データを救い出せるかどうかを診断してもらうだけなら無料で行ってくれます。
診断してもらってから復旧にかかる価格の見積もりを出してくれるところがほとんどなので、ぜひ一度問い合わせてみてください。

以下では、ハードディスクの取り扱いを得意とする専門業者を紹介しています。参考にしてみてください。

PCから煙が出てきた!こんなハードな症状をも救うデータ復旧業者

  1. データ復旧.com(デジタルデータリカバリー)

    住所
    東京都中央区銀座4-12-15
    歌舞伎座タワー 8F
    アクセス
    東京メトロ 丸の内線・日比谷線・銀座線
    銀座駅より徒歩5分
    都営浅草線
    東銀座駅より徒歩1分
    復旧設備
    クリーンルーム完備
    作業環境
    年間1億円かけて更新する最先端環境
    ファームウェア領域
    対応可能
    部品の確保状況
    各国の業者よりハードディスク部品を取り寄せストック
    初期診断
    最短30分
    復旧作業
    最短6時間

    致命的ともいえる症状でも、たった2日間で復旧したという実績があるデジタルデータリカバリー。高難易度の案件にも対処できる理由のひとつに、最先端の設備をそろえていることが挙げられます。
    精密機械であるHDDを取り扱う際、天敵となるホコリ等を完全にシャットアウトするクリーンルームという設備が必要。同社はクリーンルームを完備するだけでなく、設備投資に年間1億円以上かけて、常に最新の復旧作業環境を整えています。

    このような充実した設備と、それを使いこなす優れた技術者がいることで、業界最速クラスのスピードでデータを復旧。

  2. ライブデータ(LIVE DATA)

    住所
    東京都千代田区外神田1-18-19
    新秋葉原ビル2F
    アクセス
    JR山手線・総武線
    秋葉原駅より徒歩1分
    復旧設備
    クリーンブース・クリーンベンチ
    作業環境
    業界最新鋭のリカバリーツールの導入
    初期診断
    最短30分
    復旧作業
    最短4時間

    部品交換など機械的な障害・故障への対応でも、1日50件以上の復旧作業が可能な設備を整えるライブデータ。
    HDDの構造を知り尽くしたエンジニアが、クリーン施設で最新鋭のリカバリーツールを用いて復旧作業を行ってくれます。

  3. DATA SALVAGE(データサルベージコーポレーション)

    住所
    東京都港区南青山1-1-1
    新青山ビルB1階
    アクセス
    東京メトロ銀座線・半蔵門線
    青山一丁目駅より徒歩1分
    復旧設備の特長
    クリーンベンチ
    部品の確保状況
    代替パーツのストック
    初期診断
    最短60分
    復旧作業
    最短3時間

    HDDの解体を伴う重度物理障害のデータ復旧にも対応することができるデータサルベージ。
    高度な清浄度を持ったクリーンベンチを自社ラボ内に備えるだけではなく、HDDの構造を知り尽くした技術者が復旧作業を行うことで、難度といわれる障害を復旧してくれます。

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン