データ復旧ナビ HOME

症状別で業者を探す

画面が進まない・HDDからの異音に対処できるデータ復旧業者比較

ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。

ここでは、「画面が先へ進まない」「パソコンから異音がする」といった症状の対処方法と、自分で直せない場合に頼りになる業者を発表します。

電源は入るのに異変が…こんな時は?

画面異常系トラブルの、よくある症状とそれぞれの原因、対処法をまとめています。

画面が青くなってしまう(ブルースクリーン)

ブルースクリーン参考例

パソコンの画面が真っ青になってしまい、白い英語の文字が羅列されてしまう症状を、ブルースクリーンと呼びます。

<原因>
ハードディスクに保存されているWindowsのデータ自体になんらかのエラーが出てしまったり、一部のパーツ同士の相性が悪いことが原因です。
<対処法>
パソコンのリセットボタンを押して再起動することで直るケースもありますが、大切なデータが入っているハードディスクが傷んでしまう原因にもなるので、頻発する場合は専門業者に相談するのがベストな選択です。

メーカーロゴや真っ暗な画面で止まってしまって動かない

画面が真っ暗になった参考例

こうなってしまった場合、キーボードやマウスからの入力を受け付けてくれなくなります。

<原因>

接続している周辺機器との相性や、ハードディスクなどの記憶媒体に不良があることが挙げられます。

<対処法>
原因の特定から問題の解決まで一貫して行うには、ある程度専門的な知識が求められます。あまり詳しくないのであれば、個人での復旧は難しくなります。

パソコンから異音がする

パソコンからの異音イメージ画像

基本的にパソコンからは動作音が聞こえますが、明らかに普段より大きな音や、「ガガガッ」といった、いかにも不穏な音がする場合は、故障の可能性があります。

<原因>
パーツを冷却するためのファンや、CD/DVD/BDドライブ、ハードディスクなどが物理的に破損している可能性があります。
<対処法>
冷却ファンやドライブから異音がする場合は、メーカーに修理やパーツ交換の依頼をすることで、解決が可能です。
しかし、ハードディスクから異音がしている場合は別です。内部の不良によって、保存されているデータに影響が出る場合がありますので、ハードディスクの取り扱いに長けた専門業者への依頼を強くおすすめします。

難しいな、わからないなと思ったらすぐ相談

上記のようなトラブルは、専門的な知識が無ければ個人での復旧は難しくなります。

電源のオンオフを繰り返したり、分解しようとしてしまっては、更なる故障や、大切なデータを失うことに繋がります。

仕事で使うための大切な書類データや、思い出の写真やお気に入りの音楽を失わないためにも、無理せず専門業者へ相談するようにしましょう。

かかる費用は?依頼すべき業者は?

これまで説明してきた故障の症状に限らず、パソコンの故障する原因の約半分はハードディスクにあるといわれています。

冷却装置や基盤などであれば、分解して新しいものと入れ替えれば解決する場合がほとんどですが、自分だけの大切なデータが入ったハードディスクを扱うとなれば話は別。通常の修理業者より高い技術と、専用の復旧施設を持ったハードディスク復旧の専門業者に依頼すべきです。

データの復旧までにかかる費用についても説明しましょう。これには二つの要素が関わってきます。

データは無形であるということ
言葉の意味の通り、データには形が存在しません。ハードディスクの故障は物理的な障害と、論理的な障害に分けられます。
前者の場合は交換する部品の値段によって価格が変わってきますが、後者の場合は部品の入れ替えなどが行われない場合がほとんどなので、業者によって大きく値段が変わります。
業者によって技術や設備の差があるということ
今やいたるところで使われているパソコンのパーツであるハードディスクは、より長寿命に、より高速に駆動するよう、日々研究と開発が進められています。
内部の構造もより精密化するので、技術の進歩についていける業者は限られてきます。技術のレベルが異なるということは、それによって料金も異なってくるということです。

価格の相場としては損傷が軽度のものであれば20,000円代から取り扱ってくれるようです。症状や、復旧させるデータの量、業者によって細かく変わってきますので、業者選びは慎重に行いましょう。

技術と施設のレベルが高く、データ復旧の実績を多く持つ業者を選ぶことが、大切なデータを復旧するためのカギとなります。

以下では、どこに頼めばいいのかわからないという方のために、当サイトが自信を持っておすすめできるデータ復旧業者をランキングで発表します。

画面が進まないなどのトラブルにオススメのデータ復旧業者

  1. DATA OK(スーホ)

    住所
    東京都千代田区外神田4-7-5
    石川興産ビル3F
    アクセス
    JR山手線・総武線
    秋葉原駅より徒歩5分
    復旧件数
    22,000件以上
    復旧率
    31%~98%
    初期診断
    2~3時間
    復旧作業
    6時間~3日

    障害によってデータ復旧率が公表されており、論理障害のうち「パーテーション損傷」であれば、復旧率は100%。しかし「リカバリディスクの使用・OSの再インストール」となると、その数字は63%まで落ち込みます。
    一方、物理障害について言えば、復旧率がもっとも高いのが「Not Detect」の98%で、もっとも低いのが「メディア上の傷」の31%となっています。
    公式サイトには、その他にも機種別・症状別のデータ復旧率が公表されているので、そこから得意分野を読み取り、データ復旧を依頼してみてはいかがでしょうか。

  2. DATA RECOVERY(データ復旧センター)

    住所
    東京都新宿区新宿5-18-14
    新宿北西ビル3F
    アクセス
    東京メトロ丸の内線・副都心線、都営新宿線 新宿三丁目駅より徒歩2分
    復旧件数
    20,000件以上
    復旧率
    70%~80%
    初期診断
    最短即日
    復旧作業
    最短即日

    ヤマダ電機、ソフトバンクBB、フォーバルテレコム、さくらインターネット、ビットアイルといった複数の企業と代理店契約を締結し、復旧実績が20,000社を超えているデータ復旧業者。
    東京(新宿/虎ノ門)、大阪、福岡に計4つの営業拠点を持ち、テレビ取材なども受けている。

  3. データ復旧.com(デジタルデータリカバリー)

    住所
    東京都中央区銀座4-12-15
    歌舞伎座タワー 8F
    アクセス
    東京メトロ 丸の内線・日比谷線・銀座線
    銀座駅より徒歩5分
    都営浅草線
    東銀座駅より徒歩1分
    復旧件数
    87,000件以上
    復旧率
    95%以上
    初期診断
    最短15分
    復旧作業
    最短6時間

    「メーカーのロゴ画面から先へ進まなくなってしまった」パソコン(東京大学)や、「青い画面または黒い画面のまま先へ進まなくなってしまった」パソコン(三菱電機、ヤマト運輸)の復旧を手がけるなど、同様の症状に対する経験が実に豊富。

    87,000件以上ものデータ復旧を手がけており、その復旧件数は8年連続で国内ナンバー1。
    また単に数をこなすだけでなく、復旧率も業界屈指の実績です。

    「画面が先へ進まない」「パソコンから異音がする」といった症状でお困りの方は、公式サイトから無料相談してみるといいでしょう。

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン