データを消去してしまった場合や故障により閲覧できない場合、やってはいけない禁止事項があります。
この禁止事項を行ったばかりに、データ復旧できる範囲や確率が激減してしまう可能性があるそうです。
どんな禁止事項があるのか、以下にまとめましたので、ご確認ください。

【厳禁その1】再起動を繰り返す

パソコンに限らず機械類の調子が悪いとき、ついついやってしまうのが再起動です。
電源を一旦切って、再度入れ直す。
それでも直らない場合には、電源のオン・オフを繰り返す。
そんな経験をお持ちの人も少なくないのではないでしょうか?
耐久性のある家電であれば、そうした再起動の繰り返しによって奇跡的に直ることもあるかもしれません。
しかし、機械類の中でももっとも繊細と言われるハードディスクにそんな荒療治を施してしまっては、症状をさらに深刻なものにしてしまうだけです。
なので、再起動を繰り返すことは絶対にやってはいけません!

【厳禁その2】データを上書きする

もうひとつ絶対にやってはいけないのが、データを上書きすることです。
逆に言えば、上書きのされていない生のデータであれば、それこそ復元ソフトを使用して直せることもありますし、また業者に依頼するにしても、その復旧作業は比較的容易に行うことができます。
一方、壊れたデータに上書きがされてしまうと、復旧困難どころか、復旧不可能になってしまうおそれがあります。
ですので、データを上書きすることは絶対にやってはいけません!

【厳禁その3】データにアクセスする

意図的にデータを上書きするつもりはなくても、結果的にデータが上書きされてしまうといったケースもあります。
たとえば、不用意にデータにアクセスしたときに、そうしたことがよく起こります。
パソコンというのは、特別な動作を行わなくても、ただアクセスしただけで、そのデータは書き換えられていきます。
データが書き換えられていく(=上書きされていく)ことの危険性は、「厳禁その2」で解説した通り。
データにアクセスすることは絶対にやってはいけません!

【厳禁その4】データの書込・作成

消えてしまったデータを復元させようとしてデータの書込・作成を行うのは禁物です。パソコンのデータは何らかのアクションを起こすことで上書きされてしまう場合があります。一度データが上書きされると、もとの状態に戻すことは困難です。
また、一見データが消えているようでも、データの所在を示す情報がインデックスから消えているだけで、実際のデータは無傷という可能性も。そんな状況でデータに書込をしたりファイルを作成したりすると、無傷だったデータに別のデータが上書きされ、復旧不可能になってしまいます。
データの書込・作成は絶対にやってはいけません!

【厳禁その5】ディスクのチェック・スキャン

Windowsに標準搭載されているチェックディスク・スキャンディスクは、ハードディスクのエラーを検出・修復する際に使うツールです。修復とはいってもこのツールの目的は対象となるファイルをWindowsにとって適切な状態に保つことであって、ユーザーにとって必要なデータを復旧することではありません。
もし対象データになんらかの障害が起きている状態でチェックディスク・スキャンディスクを起動させると、もともとあったデータに上書きしてしまい、復旧できなくなってしまう可能性も。 ディスクのチェック・スキャンは絶対にやってはいけません!

【厳禁その6】デフラグ

デフラグとは、ハードディスク上のデータを整理整頓し、アクセスを高速化する作業のこと。所在情報を整理するのではなく実データを再配置するのが特徴です。
デフラグを行う際、壊れたデータや消してしまったデータが不要なファイルと認識されると、パソコンの処理速度を上げるために上書きされたりファイルの痕跡まで完全に削除されたりしてしまいます。
一度デフラグをかけたHDDからデータを復旧することはまず不可能です。
デフラグは絶対にやってはいけません!

【厳禁その7】ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティとはハードディスクドライブに関するソフトウェアの総称で、メインとなるソフトウェアの働きを補助する機能を持つのが特徴です。
Windowsに標準搭載されているものや、個人で入手できるユーティリティ集もありますが、いずれも正しい知識を持たずに使用するとデータを上書きしてしまう可能性があります。
ディスクユーティリティの使用だけでなく、インストールによってもデータが上書きされて復旧できなくなってしまう場合があるので注意が必要。
ディスクユーティリティは絶対に行ってはいけません!

【厳禁その8】パーティションの操作

パーティションとはハードディスクの記憶領域を分割して使用すること。物理的に分割するわけではなく、論理的に分けて使用します。
例えば500GBの記憶領域を持つハードディスクにパーティションの操作を行うと、300GB・100GB・100GBの3つのハードディスクがあるかのように使用したり、100GBのハードディスクが5つあるかのように使うことが可能です。
データ障害が起きている状況でパーティションを行うと、被害が拡がってデータ復旧が困難になってしまうこともあるので要注意。
パーティションの操作は絶対にやってはいけません!

【厳禁その9】フォーマットする

ハードディスクやデータに何らかの障害が起こると、「フォーマットしますか?」とたずねるメッセージやポップアップが表示されることがあります。
フォーマットとはシステムの初期化を意味する動作のことです。そのまま実行してしまうと新しくメディアを使えるようになる代わりに、それまで記録していたディスク上のデータはすべて削除されるか上書きされて復旧困難に。
専用のソフトを使えばフォーマット後でもデータを復旧できる可能性はありますが、より複雑な作業が必要になります。
フォーマットは絶対に行ってはいけません!

【厳禁その10】ハードディスクの分解

パソコンに不具合が起きた際に自分で修理しようとする人がいますが、素人がハードディスクを修理することは不可能です。
ハードディスクの内部構造は複雑で繊細。タバコの煙が付着した程度でも致命傷となる場合があります。データ復元の専門業者がハードディスクを分解・修理する際には、チリやホコリが入らないクリーンルームで作業を行います。
このような環境を用意した上でなければデータの復旧はできないのです。クリーンルーム以外の場所でハードディスクが開封・分解されると高額の復旧費用が必要になるか、そもそも復旧不可能になってしまいます。
プロの業者以外の人がハードディスクを分解することは絶対にやってはいけません!

【厳禁その11】水に濡れたハードディスクを乾かす

ハードディスクが水に濡れた際、ドライヤーやヒーターなどで急いで乾かそうとするのは禁物。
水が乾いた場所に水垢が残るように、ハードディスク内でも水が乾いた後に付着物が残ってしまうことがあるからです。
水道水などの一見きれいな水にも不純物は含まれており、乾かすと水分が蒸発し、残った不純物が付着してハードディスクの機能を妨げたり内部をサビさせたりしてしまうこともあります。
ハードディスクが水に濡れてしまったらきれいなタオルでくるんで、そのままデータ復旧業者へ持ち込みましょう。
水に濡れたハードディスクを乾かしてはいけません!

【厳禁その12】新しいソフトウェアをインストールする

障害が起きている状態で復旧ソフトなどのソフトウェアをインストールすると、復旧したいデータ領域が上書きされてしまう可能性があります。
一度データが上書きされると復旧不可能になってしまうこともあるので要注意。
また、物理障害が起きているハードディスクに論理障害を解決するための復旧ソフトウェアを実行すると復旧がより難しくなる場合もあるので、たとえ復旧のためのソフトウェアだとしてもインストールや実行は避けるのが無難です。
新しいソフトウェアをインストールすることは絶対にやってはいけません!

【厳禁その13】システムの復元を実行する

Windowsには「システムの復元」という、Windowsに関する設定を復元する機能があります。ですが、この機能を使ってもデスクトップに保存されたデータやメールのデータなどを復元することはできません。
上書きされてデータ復旧できなくなる可能性もあるので注意が必要です。
パソコンに障害が起きた際に「システムの復元を試用してコンピューターを修復しますか?」というメッセージが出ることがありますが、復旧したいデータがある場合は実行しないようにしましょう。
システムの復元を実行することは絶対にしてはいけません!

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン