データを消去してしまった場合や故障により閲覧できない場合、やってはいけない禁止事項があります。
この禁止事項を行ったばかりに、データ復旧できる範囲や確率が激減してしまう可能性があるそうです。
どんな禁止事項があるのか、以下にまとめましたので、ご確認ください。

【厳禁その1】再起動を繰り返す

パソコンに限らず機械類の調子が悪いとき、ついついやってしまうのが再起動です。
電源を一旦切って、再度入れ直す。
それでも直らない場合には、電源のオン・オフを繰り返す。
そんな経験をお持ちの人も少なくないのではないでしょうか?
耐久性のある家電であれば、そうした再起動の繰り返しによって奇跡的に直ることもあるかもしれません。
しかし、機械類の中でももっとも繊細と言われるハードディスクにそんな荒療治を施してしまっては、症状をさらに深刻なものにしてしまうだけです。
なので、再起動を繰り返すことは絶対にやってはいけません!

【厳禁その2】データを上書きする

もうひとつ絶対にやってはいけないのが、データを上書きすることです。
逆に言えば、上書きのされていない生のデータであれば、それこそ復元ソフトを使用して直せることもありますし、また業者に依頼するにしても、その復旧作業は比較的容易に行うことができます。
一方、壊れたデータに上書きがされてしまうと、復旧困難どころか、復旧不可能になってしまうおそれがあります。
ですので、データを上書きすることは絶対にやってはいけません!

【厳禁その3】データにアクセスする

意図的にデータを上書きするつもりはなくても、結果的にデータが上書きされてしまうといったケースもあります。
たとえば、不用意にデータにアクセスしたときに、そうしたことがよく起こります。
パソコンというのは、特別な動作を行わなくても、ただアクセスしただけで、そのデータは書き換えられていきます。
データが書き換えられていく(=上書きされていく)ことの危険性は、「厳禁その2」で解説した通り。
データにアクセスすることは絶対にやってはいけません!

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン