データ復旧ナビ HOME

削除してしまった・閲覧できないデータを復元するために

手違いで重要なデータを削除してしまった…。
PCの調子が悪く、社内の大切なデータ閲覧できなくなってしまった…。
このようなとき、再起動を繰り返したり、復旧ソフトを使ったりするという方も多いことでしょう。
そこでここでは、データを復元するために知っておきたいことをまとめましたので、緊急事態が起こったら、まずはこちらをチェックしてください。

復元ソフトでデータは戻るか?

大型のコンピューターショップを覗けば、そこでは数多くのデータ復元ソフトが販売されていますし、またわざわざ高いお金を支払わなくても、インターネットで検索すれば無料で使えるフリーソフトの類を見つけることもできます。
コンピューターの中のデータが消えてしまったとき、そうしたソフトを使用して復元を試みる人たちも少なくありません。
しかし、復元ソフトで本当にデータを元通りに戻すことはできるのでしょうか?
復元ソフトの実態を、そのメリット・デメリットとともに紹介します。

やってはいけないNG集

ハードディスクは精密機械です。
つくりが複雑かつ繊細であるため、専門的な知識を持たない素人が下手に手を出すと、かえって状態を悪化させてしまうことがあります。
データが消えてしまった(壊れてしまった)ときに絶対にやってはいけない禁止事項を「NG集」という形でまとめてみました。

データ復元の確率を上げる手順

禁止事項とは反対に、データが消えてしまった(壊れてしまった)ときにまずすべきことがあります。
とても簡単なことなのですが、これをしっかりと守って行うだけで、データの復元確率は格段に高まります。
「まずすべきこと」とともに、故障・障害の種類についても解説しています。

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン