オントラックはもともと米国で設立されたデータ復旧業者です。株式会社YE・DATAが独占的にオントラックと技術導入契約を締結したことを機に、日本でデータ復旧サービスを展開。米国の技術をそのまま日本に受け継ぐ業者のようですが、復旧実績や料金設定はどうなのでしょうか?

オントラックの概要

住所 埼玉県入間市大字新光182番地
対応エリア 全国
対応デバイス・メディア サーバ、RAID、パソコン、HDD、SSD、デジタルカメラ、スマートフォン、各種記録メディア。
料金の目安 初期調査:無料
復旧は成果報酬型(実際の価格は要問合せ:容量で価格設定)
簡易障害:27,600円~

データ復旧・その実力は?

オントラックの実力について、「実績・復旧率(=技術力)」「復旧スピード」「安全性」の3項目で検証してみたいと思います。

実績・
復旧率
先にも簡単に紹介したようにオントラックというのは、アメリカで設立されたデータ復旧会社で、20年の歴史を持つとともに20万件以上のサービス実績を誇る、世界のトップブランドです。
その日本版であるオントラック(YE・DATA社が運営)に関しても、これまでに26,000社以上と取引を重ね、国内での知名度は十分です。
オントラックの具体的な取引実績としては、そのホームページ上で、国内・海外の別を問わず名立たるIT関連企業が数多く紹介されています。ただし、データ復旧率に関する表記はありませんでした。
復旧
スピード
オントラックの復旧までの流れは、「問合せ→調査依頼・媒体送付→調査→調査結果報告→費用請求→復旧作業→完了・返却」となっています。
復旧作業には1~3日を要しますが、復旧したデータをインターネット経由で返却する独自のサービスにより、納品までの時間を短縮しています。
また、これは論理障害限定になりますが、障害のあった媒体とラボとをインターネットで直接結び復旧作業を行うサービスもあり、これなら1~6時間で作業が完了します。
なお、復旧までの流れに関して、他社と大きく異なるのは「調査」の位置づけで、オントラックの調査はいわゆる初期調査ではありません。
正確な調査を行ってくれるというメリットがある一方で、調査費が伴ってくるので注意が必要です。
安全性
オントラックは、情報セキュリティに関する国際標準規格であるISO27001認証を取得しています(個人情報を保護するプライバシーマークについては取得していないようです)。
ただし、そのほか安全性に関する取り組みについては、ホームページ上には特別な記載はありませんでした。

公式サイトはこちら

利用者の評判

調査結果の精度が非常に高いです。また、ウェブ上で調査結果を確認できる点もとても便利だと思います。有料ということで少し躊躇しましたが、ここまでしてもらえれば、有料でも納得できます。

数社に依頼して直らなかったデータが、たった数日で復旧ができると連絡をいただいたときには驚きました。もちろん戻ってきたデータは、調査報告通り、まったく問題ありませんでした。

うっかり消してしまったマイピクチャ内の写真をすべて復旧してもらうことができました。費用は結構かかりましたが、大切な写真だったので、依頼をして本当に良かったと思っています。

公式サイトはこちら

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン