NASやRAIDの復旧で東京23区の法人からの依頼なら出張サービスをしてくれるライブデータ。現地で診断をし、見積りしてくれるため、社内から持ち出しできない場合でも安心してお願いできそうです。こういった診断や見積りにかんしてライブデータではどのくらい時間を要するのでしょうか? 対応スピードや法人の利用者の評判を調べてみましたので、ぜひ参考にしてください。

ライブデータの概要

住所 東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル2F
対応エリア 全国
復旧スピード 初期診断:1日(最短30分)
復旧:最短当日(最短4時間)
対応デバイス・メディア ハードディスク、サーバ、デジタル機器、各種記録メディアなど。
料金の目安 [ハードディスクの場合]43,200円~

データ復旧・その実力は?

ライブデータの実力について、「実績・復旧率(=技術力)」「復旧スピード」「安全性」の3項目で検証してみたいと思います。

実績・
復旧率
復旧実績1,000件以上を誇るライブデータは、国内では比較的メジャーなデータ復旧会社と言えます。ホームページを見る限りでは、取引先は大企業よりも、中小企業や個人などが多いでしょうか。
ちなみにライブデータでは、復旧作業を行うエンジニアの知識と経験を何よりも重要視しています。そこで復旧作業には、復旧分野別に組織された専門チームがあたるとともに、データ復旧10年以上の経験を持つ熟練の技術者が作業を行います。
それによりスピーディーな作業と、高いデータ復旧率を実現しているようです。
そうした人的な側面に加えて、最新のテクノロジーを積極的に導入することで、ソフト・ハードの両面で他社との差別化を図っています。
復旧
スピード
ライブデータのデータ復旧までの流れは「問合せ→申込み→初期診断・見積り→復旧作業→データリスト確認→支払い・納品」となっています。
それぞれに要する期間は、問合せや見積り依頼については電話なら即答、メールなら即日~翌日。
初期診断については持ち込みなら30分程度、郵送なら24時間。そして復旧作業については最短で4時間となっています。
安全性
ライブデータは、情報セキュリティに関する国際標準規格であるISO27001認証を取得しています(個人情報を保護するプライバシーマークは取得していないようです)。
その他のセキュリティ対策として自社内作業や入退室制限、そして同社独自の取り組みとしては、バックアップディスク全体への128bit暗号化管理や、預かりデータの納品後の永久削除などが挙げられます。

利用者の評判

RAIDの復旧料金は、ホームページに記載されている最低金額から大きく変わってくるので、複数社から見積もりを取りました。その中で、金額の提示がもっとも適切だったライブデータを選びました。

物理障害やRAID情報の崩壊といった専門用語に関しても丁寧に説明してもらえたので、ITにあまり詳しくない私でも理解することができました。復旧提案をいただけた点も良かったです。

仕事のデータが読み取れなくなり、業務に支障が出て困っていました。迅速に対応していただくとともに、復旧データ率も高くて本当に助かりました。また何かあったときにはお世話になりたいと思います。

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン