データ復旧ナビ HOME

HDDデータの復旧先の評判を見る

データレスキューセンター(アラジン)

起動しないパソコンや故障したHDDなどから、データを復旧するデータレスキューセンター。福岡県に所在する株式会社アラジンが運営しているサービスです。早速、この企業の実力はどうなのか詳しく調べてみましたので、参考にしてください。

データレスキューセンターの概要

住所 福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3F
対応エリア 全国
対応デバイス・メディア ハードディスク(RAID構成含む)、メモリーカード、光学メディアなど。
料金の目安 [ハードディスクの場合]レベル1:26,250円、レベル2:52,500円、レベル3:84,000円、レベル4:105,000円~420,000円

データ復旧・その実力は?

データレスキューセンターの実力について、「実績・復旧率(=技術力)」「復旧スピード」「安全性」の3項目で検証してみたいと思います。

実績・
復旧率
復旧実績としてホームページでは、JT、エイチ・アイ・エス、ファンケル、JFEエンジニアリング、JR九州、鹿島建設、TOTOエンジニアリング、良品計画、近畿日本ツーリスト、東洋ゴム工業、クボタシステム開発、丸善が紹介されています。
しかし、データ復旧率に関する表記はありません。
パナソニックコンシューマーマーケティング社と契約して、パナソニック社製のノートパソコン「Let’s note」のデータ復旧特別サービスを提供している点も、データレスキューの大きな特徴のひとつと言って良いでしょう。
復旧
スピード
データレスキューセンターの復旧までの流れは「問合せ・申込み→初期調査→調査結果報告→データ復旧作業→発送→納品検収」となっています。
初期調査の結果報告として「復旧可能なデータリスト」と「見積り」は、48時間以内(最短で6時間以内)に受け取ることができます。
その後、軽度の論理障害(レベル1)、重度の論理障害(レベル2)、軽度の物理障害(レベル3)の復旧作業は1日程度、重度の物理障害(レベル4)の復旧作業は2~3程度で完了します。
安全性
データレスキューセンターは、情報セキュリティに関する標準規格であるISO27001認証と、個人情報を保護するプライバシーマークの両方を取得しています。
加えて、データ復旧サービスの調査・作業段階においては、静脈認証やセキュリティカードによる入退室管理、権限によるシステム利用制限、監視カメラ、アクセスログ監視などのセキュリティ対策を施しており、また預かったデータに関しては、厳重に監視されたサーバにおいて管理しています。

利用者の評判

以前にサービスを利用した社内の別部署から「技術力があり、対応も良くて、データ復旧も迅速だ」と紹介を受けて、データレスキューセンターにデータ復旧を依頼しました。

復旧可能なデータリストはもっと簡易なものを想像していましたが、すべてのフォルダやファイル、データの容量まで表示されていて、驚くと同時にたいへん助かりました。

入口はもちろん、その他の部屋にも静脈認証やセキュリティカードによるロックが施されていて、「スタッフの方は出入りがたいへんだな」と思うくらいに、しっかりとしたセキュリティ管理が行われていました。

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン