データ復旧業者として20年の歴史を持つピーシーキッドは「確かな技術を持っている」と取引先からの信頼が厚いですが、その実力はどうなのでしょうか?安全性や情報の管理について詳しく調べました。

ピーシーキッドの概要

住所 東京都千代田区外神田5-1-5 国際ビルディング 3F
対応エリア 全国
復旧スピード 1~3日
物理障害の場合:2週間程度
実績 -
復旧率 -
対応デバイス・メディア 対応メディア:
デスクトップパソコン、ノートパソコン、各種サーバ、ワークステーション各、NAS、データストレージ機器など
対応OS:
Windows、Microsoft Exchange Server、Mac、Solaris、Linux、Unix、Netwareなど
料金の目安 初期診断:無料
電話診断:無料
データ復旧料金:成果報酬型
40GB未満:15,000円~
40GB以上:25,000円~
400GB以上:50,000円~
2.0TB以上:80,000円~

データ復旧・その実力は?

ピーシーキッドの実力について、「実績・復旧率(=技術力)」「復旧スピード」「安全性」の3項目で検証してみたいと思います。

実績・
復旧率
データ復旧の老舗であるピーシーキッドは、20年以上の経験を持ち、提携先企業であるアメリカのデータ復旧会社であるドライブセイバーズ社(DriveSavers, Inc.)と技術を磨いてきました。主要取引先には、NTTファイナンス株式会社・富士通インターコネクトテクノロジーズ株式会社・株式会社富士通パーソナルズ・株式会社セガ・兼松エレクトロニクス株式会社・株式会社オーク情報システムという大企業が名を連ね、防衛省・総務省・文化庁・文部科学省・官公庁といった日本を支える政府のデータ復旧にも携わっています。20年の間に築いた信頼と実績は、その技術力の高さを裏付けるには十分です。
復旧
スピード
データ復旧までの流れは、見積もりフォームより「障害機器情報入力→見積もり→依頼品の郵送→依頼→支払い→復旧作業→納品」というものと、WEB申し込みより「情報入力→障害状況入力→WEB申請→依頼品郵送→見積もり→支払い→復旧作業→納品」というものから選ぶことができます。依頼品が到着してから2日ほどで初期診断が完了し、支払いが確認でき次第復旧作業に取り掛かるのですが、復旧作業は1日とスピーディーな対応が魅力です。HDD自体を分解する必要のある物理障害だと2週間ほどかかることもあるそうです。
安全性
ピーシーキッドは、情報セキュリティに関する国際標準規格であるISO27001認証と、個人情報の保護体制が確立されている企業・団体に対して付与されるプライバシーマークの両方を取得しています。その他にも、全社員は指紋認証によって権限が制御され、監視カメラによって常に記録されています。様々な情報を扱う業者として信頼できる徹底ぶりです。

公式サイトはこちら

利用者の評判

友人の披露宴で写真撮影を頼まれたのですが、撮影したデジカメのデータを移動したHDDが壊れてしまい、取り出すことができなくなりました。撮りなおすことのできない披露宴のデータなので焦っていたのですが、ピーシーキッドさんのおかげで無事に写真を取り出すことができました。

仕事中にHDDから白い煙が上がりました。周囲には何かが焼けているような異臭もしていたのですが、この状態でもデータを復旧してもらえることができました。本当に助かりました。

公式サイトはこちら

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン