ハードディスクの修理を依頼しようと、データ復旧業者のホームページをチェックしてみると、そこには「論理障害」「物理障害」という、ちょっと耳慣れない言葉がたいてい記載されているはずです。
そこで、自分のHDDの不具合が「論理障害」と「物理障害」のどちらに該当するのかと、悩んだ経験をお持ちの人も少なくないのではないでしょうか?
そこでここでは、「論理障害」「物理障害」それぞれの特徴と、その対処法などをご紹介したいと思います。

HDDの故障の種類・論理障害とは?

論理障害というのは簡単に言ってしまうと、HDDが故障していないにもかかわらず、その中のデータを正しく読み出すことができない症状のことを指します。

原因はいくつかあるのですが、そのひとつは、プログラムの故障です。
HDDを長期間使用するうちに、ソフトウェアを構成するファイルなどに破損が生じることがあります。
これによって、データとしての一貫性が失われ、正しく読み出すことができなくなってしまうわけです。
同様のことは、ウイルス感染によっても引き起こされます。

原因のもうひとつは、人為的な操作ミスです。
うっかりファイルを消去してしまったり、データを初期化してしまったりといった例が、こちらに該当します。
論理障害は、物理障害に比べると症状の程度は軽く、場合によっては自力での復旧も不可能ではありません。

論理障害の主な事例

  • 誤って必要なデータやファイルを削除してしまった
  • ゴミ箱のデータも削除してしまった
  • HDDを誤ってフォーマットした
  • パソコンが起動しなくなった
  • ドライブが正しく認識されない
  • コピーや移動したファイルが保存されていない
  • コンピューターウィルスによる障害
  • システムの異常による障害
  • エラーメッセージが消えない
  • 開けないファイルやフォルダがある

HDDの故障の種類・物理障害とは?

HDD自体は故障していない論理障害に対して、物理障害というのは文字通り、中のデータはもちろん、その入れ物であるHDDまで故障している症状のことを指します。

物理障害の原因としては落下や水没などがよく挙げられますが、そこまでいかなくても、精密機械であるHDDというのは、ちょっとした振動や衝撃でもダメージを受けます。
また、たとえ振動や衝撃を与えなくても、長期間使用していれば機械は消耗し、それが故障の原因になることもあります。

物理障害の厄介な点は、論理障害に比べて症状の程度が重いため、復旧が非常に困難な点です。
自力での復旧はまず不可能ですので、対処法としては、専門のデータ復旧業者に修理を依頼するのがいちばんです。

物理障害の主な事例

  • パソコン上でディスクが見えない、HDDが認識されない
  • HDDから「カチカチ」「カコッカコッ」「ギギギ」といった異音が聞こえる
  • 電源を入れると焦げ臭い臭いがする
  • ハードディスクに新たな領域(パーティション)を作成してしまった
  • コマンドで領域(パーティション)を削除してしまった
  • 水没や落下、火災などの外的要因で障害が発生した

このサイトでは、HDDデータを復旧する業者を紹介しています。
業者選びの参考にしてください。

データ復旧業者復旧料金の比較はこちら

症状別で業者を探す

  • ブルースクリーン。メーカーロゴや黒い画面から先に進まない。PCから異音がする。
  • 電源が切れる。何度も再起動を繰り返す。パソコンから煙が出てきた。
  • ディスプレイが割れた。電源がへこんでいる。PC動作音がうるさくなった。

目的別で業者を探す

  • とにかく早くデータを取り出したい
  • 信頼できる業者に頼みたい
  • 持ち込みや出張サービスを頼みたい

OSやメディア別で業者を探す

  • Windows・Mac
  • RAID・Nas
  • MP3プレーヤー・iPod・メモリーカード・スティック・SDカード・デジタルカメラ・スマートフォン